シャツづくりの現場

ボタン-デザイン生地選び ボタン-裁断 縫製 ボタン-組立 ボタン-検品 ボタン-仕上げ

衿 衿(裏側)と芯地を一緒に縫い合わせていきます。
この時点では、表の生地が裏っ返しの状態で袋状となります。
衿の部分は、左右の柄が同じになるように手作業で調整します。
最後に、衿先は先端の尖った特殊な器具で裏返して、左右の衿先を同じようにし衿のパーツを完成させます。

カフス

芯地を糊付けし生地に貼り、カフスの地縫いをします。
衿と同様に裏返して形を整えます。表側にボタンを付けてボタンホールを開け、カフスを完成させます。
カフス

ポケット

ポケット ネックサイズによって、ポケットの位置が変わります。ひとりひとりのお客様に合わせて最適な場所に縫い合わせています。

前身頃

画像は、前立の部分のパーツを縫製しているところです。
前立は、柄の中心にボタン穴がくるように、身ごろと帯の柄が1枚布になるように縫製します。
前