オーダーシャツを作って25年。国内産で高品質、短納期で低価格を実現 幅広いアイテムに対応の一貫型の縫製工場

シャツの知識

  • HOME »
  • シャツの知識

シャツの部品名称

シャツ

各種部分の説明

1.衿 シャツの最も大事な部分!衿羽根とも呼ばれ背広の衿元からのぞく、
シャツの顔部分のこと
2.台衿 衿腰(衿足)とも呼ばれ、衿の支えになる部分のこと
3.台衿ボタン 台衿についているボタンのこと
4.ヨーク 肩から背中にかけてのラインがなじむように、ゆとりを考えて工夫された切り替え部分のこと
5.第一ボタン 前立ての一番上のボタンのこと
※衿のボタンではありません
6.ポケット もともとシャツはヨーロッパで下着としてつくられましたので、ポケットはついてないものが正式ですが、日本では利便性を求めてついているものが標準となっています。
7.袖 腕の部分のこと。
8.剣ボロ 腕をまくりや、シャツを着たり脱いだりしやすいように袖布に切り込みを入れた「短冊」状の部分のことです。その形状が剣の先のようにとがっていることから「剣ボロ」と呼ばれています。
9.カフス 手首部分のこと。スーツの袖口から見える部分で、おしゃれな人ほどこだわるポイントです
10.前立 ワイシャツのボタン部分のこと。別布で縦に帯状の縁があるものを表前立てといい、表地をそのまま裏に折り返した形を裏前立てといいます。
11.前身ごろ シャツの表部分のこと。
12.後ろ身ごろ シャツの中ではもっとも大きなパーツ。背中を覆う最も大きい部分のことです

ワイシャツ衿型と特徴

レギュラー
レギュラー

時代によって多少変化しますが、長さや開きが標準的な衿型です。
ショート
ショート

スポーティでカジュアルなイメージの衿型です
ロングポイント
ロングポイント

ドレスシヤツとして コーディネートするだけで、落ちついた雰囲気が漂うクラシカルなデザインです
ラウンド
ラウンド

エレガントなシャツに用いられることが多く、懐かしさを感じさせるデザイン
セミワイド
セミワイド

両襟先の開きがレギュラーカラーよりも広く、スーツの収まりも良い人気のあるデザイン
イタリアン
イタリアン

別名「ワンピースカラー」とも呼ばれ、V字のネックラインを形成しているセクシーな衿型
ボタンダウン
ボタンダウン

ノーネクタイでカジュアルスタイルとしても着用できます。
デュエボットーニ
デュエ

第一ボタンのところに2個ボタンがあるタイプのシャツのこと。
クレリック
クレリック

衿と袖口を白にして切り替えた、色のアクセントがあるデザインです。
ピンホール
ピンホール

両襟をピンで留めるデザインの襟形。飾りピンを用いて衿元を引き締めれば、理知的な印象を与えてくれます
ウイング
ウイング

フォーマルな場に必ず登場する衿型。パーティーへの招待に、スキのない着こなしに対応できる正装スタイルです

シャツ生地の柄について

ヘアラインストライプ
ヘアラインストライプ
詳しく見る
ペンシルストライプ
チョークストライプ
詳しく見る
ペンシルストライプ
チョークストライプ
詳しく見る
ロンドンストライプ
ロンドンストライプ
詳しく見る
オルタネイトストライプ
オルタネイトストライプ
詳しく見る
マルチストライプ
マルチストライプ
詳しく見る
ドビー
ドビー
詳しく見る
グラフチェック
グラフチェック
詳しく見る
タッターソールチェック
タッターソールチェック
詳しく見る
ギンガムチェック
ギンガムチェック
詳しく見る
タータンチェック
タータンチェック
詳しく見る
マドラスチェック
マドラスチェック
詳しく見る
ペイズリー
ペイズリー
詳しく見る
花柄
花柄
詳しく見る
ハウンドツース
ハウンドツース
詳しく見る

シャツの用語について

ワイシャツのことなら何でもおまかせ TEL 0254-53-5811 AM8:30~PM17:00(日、祝日除く)

  • メールでお問い合わせはこちら

サイト内検索

PICK UP

印刷してお使いください

営業カレンダー

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.