組立(袖付け、衿、カフス、裾の仕上げ、ボタン付け)

シャツづくりの現場

ボタン-デザイン生地選び ボタン-裁断 ボタン-縫製 組立 ボタン-検品 ボタン-仕上げ

袖付け

袖付-組立 身頃と袖を縫い合わせていきます。
表側から縫い付けるため裏側が見えず、カーブしている曲線を均等に縫うには熟練の技術が必要です。生地をつかみ少しずつ出すようにして縫っていきます。

衿の縫いわせ

縫製して縫い合わせる部分の長さが異なるので、衿と身頃をキレイに縫い合わせには、特に技術を要する箇所です。 衿-組立

カフスの縫いわせ

カフスの縫い合わせ 袖とカフスの縫い合わせは、プリーツを入れながら縫い合わせます。

裾の仕上げ

裾は巻きながら縫い合わせて仕上げていきます。
カーブしている裾の巻き具合は指先の感覚で縫わなければいけないので、高い技術が必要です。
suso

ボタン付け

ボタン-組立 機械で正確な位置にボタンを取りつけていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です